知りたい

ボランティアセンターだより

ボランティアセンター

  ボランティアセンターだより  

みなさんにボランティアに関する情報などをいち早くお伝えすることで、ボランティアをしたい方やボランティアをしてほしい方の力になりたいと思い発行することになりました。

また、地域のみなさんに「いろいろな活動をしているボランティアがいること」を知ってもらったり、「私たちの地域にどんな力が必要なのか」を感じてもらえるようになればうれしいと思っています。

このボランティアセンターだよりを通じて、地域のみなさんに”人と人とのつながり”を感じていただけるように努力していきます。

→【最新号を見る】

  災害ボランティアセンターとは  

南あわじ市で大規模な災害が発生した場合に社協は被害状況をみながら本来の業務を早急に立て直すとともに市からの要請を受けて、災害ボランティアセンターを立ち上げ、運営をしていきます。そこでは、災害によって生活に困難が生じた方とボランティアをつなぎ、災害の前と同様の生活が送れるようにサポートします。

災害ボランティアセンターは人や物を調達するのが目的ではなく、被災者自身が力を取り戻す過程を支える役割があります。この「被災者主体」の視点が運営していく上で最も重要です。

災害ボランティアセンターの大まかな流れ

  兵庫ボランティア・市民活動災害共済  
目的 ボランティアが自発的な意志に基づき、日本国内において社会的に意義があるボランティア活動中(往復途上を含む)の、万が一の事故に備えていただくための保険
内容 .吋をされた場合「傷害保険金」
第三者の身体または財物に損害を与えた場合「賠償責任保険金」
ボランティア自身が「傷害保険金」の対象にならない疾病で亡くなった場合「死亡見舞金」
手続き 「ボランティア・市民活動災害共済加入申込書兼加入者名簿」に掛金を添えてご提出下さい。加入者名簿には氏名・住所・電話番号を記入していただきます。
補償関係 平成22年4月1日〜平成23年3月31日         
補償期間の途中加入の場合は、加入された翌日から3月31日までとなっています。
詳細 詳しくはひょうごボランタリープラザのホームページをご覧下さい。
http://www.hyogo-vplaza.jp/enterprise/1_kouryu/kyosai/kyosai.html
  兵庫ボランティア活動等行事用保険  
目的 行事活動中のボランティアや参加者のケガおよび、主催者が賠償責任を負った場合に備えていただくための保険
内容 .椒薀鵐謄アや参加者がケガをされた場合「傷害保険金」
∋臆端圓泙燭和荵絢圓凌搬里篋睚に損害を与え、主催者が損害賠償責任を負った場合「賠償責任保険金」
詳細 詳しくはひょうごボランタリープラザのホームページをご覧下さい。
http://www.hyogo-vplaza.jp/enterprise/1_kouryu/kyosai/kyosai.html